通信速度を落としたくない人 格安スマホ

通信速度を落としたくない人は、格安スマホにしない方がいい

初めてスマホを購入するという方もいるかもしれません。

 

その場合はまだスマホを使ったことがなくて全く仕組みが分からないと思いますが、その場合はドコモokを選んでおいた方が無難です。

 

最初に選んだ格安SIMが遅かったりなんだりトラブルがあった時に他のメーカーに乗り換えることができるのがドコモです。

 

白ロムやシムフリースマホ購入する場合白ロムSIMフリースマホを自分で用意できるという人がいると思います。

 

シムフリースマホはシムロックがかかっていないもので白ロムというのはどこもやauなどで購入したキャリアのスマホで支払金などが終了しており通信ロックがかからないになっているものです。

 

赤ロムというものもありますので、注意してください。

 

データ容量の選び方

通信速度を落としたくない人は、格安スマホにしない方がいい

 

データ容量は1ギガから20ギガまで様々にありますが、普通に使う量が3GB丁度良い場合はUQモバイルの3GBプランなどを選べばいいと思います。

 

動画をたくさん見たいという方は無制限プランを選べばいいと思います。

 

電話もそこそこ使うという方はiijmioがいいと思います。

 

iijみおは価格が比較的安く量が沢山使えて電話のかけ放題プランがついています。

 

ドコモ系の格安SIM選ぶ場合ドコモ系の格安SIMというのはほとんどのものさします。

 

UQモバイルとマイネオ以外の全てがドコモ系といっても良いでしょう。

 

格安SIMにはサイズがあると紹介しましたが、標準SIMとnanoSIMとmicroSIMの3種類があります。

 

ドコモ系の場合はmicroSIMからnanoSIMの場合が多いです。

 

ドコモ系の格安SIMは遅くなる可能性大

ドコモの通信回線を選ぶときの注意点本当の速度を見極めるところです。

 

ドコモ早く書いてありますが、そのスペック程度の速度が出ることは少ないものです。

 

実効速度ともいいますが、どれくらいの速度が出ているかはその時期にもよって色々に違い最初は早かったのに後から遅くなってくるということもあります。

 

それは仕方がないことです。

 

ドコモ系の格安SIMはたくさんありますが、安く購入できる格安SIM速度が速くて少し高いジムなど色々あります。

 

端末が安く購入できるのは楽天モバイルです。

 

速度を重視したい場合はDMMモバイルやエキサイトモバイルがいいと思います。

 

大量のデータを使う人にはBIGLOBEのシムがいいと思います。

 

格安SIMにはには音声シムとデーターシムの2種類があります。

 

データ専用SIMというのは通信することができますが、電話がかけられないもので電話番号をしないます。

 

今精神は電話をすることが出来る070、090などの電話番号が付与されます。

 

当然データシムの方が音声シムより安いです。

 

大体値段の差としては700円から800円の差があります。

 

それに通信料電話代金は別にかかります。

 

音声シムの場合は本人確認が必要になります。

 

本人確認は保険証や免許証などをwebからアップロードするか宅配される時に宅配便の人に見せるなとして本人確認をする必要があります。

 

しかしデータSIMの場合は電話番号が付与されず本人確認も必要ありません。

 

ですので、比較的簡単にシムを開設することができます。

 

データシムにはSMS機能付きとSMSなしのものがありますが、SMS機能があるほうが安心です。

 

値段的には140ぐらいかかることがありますが、これがあった方が安心です。

 

スマホの電池がすぐに消耗してしまうという方はSMS機能付いてあるほうがいいです。

 

ガラケーと格安スマホを二つ持つ方がいると思いますが、その場合は格安スマホはデータ専用SIMでいいと思います。

 

データ専用シムなら700円から800円お得になることができませ電話をすることがガラケーでほとんどを行いますので、わざわざ格安スマホで電話を開設しておくわけがありません。

 

電話を保存土全くしないという方はデータシムを選んでいてip電話などでしのぐのもいいかと思いますが、これまでの電話番号は失われます。