格安スマホ 相場 初心者

初心者向けのスマホの相場

格安スマホの本体の相場は今円から4万円程度が一般的です。

 

安いものは性能が悪く高いものは性能が高いです。

 

格安スマホの相場

 

Freetelなど一部の会社では1万円台のスマホを販売していてとにかく激安に済ませたいという方は激安本体を売っているところを選んだ方がいいと思います。

 

4枚の費用がかかる格安SIMというのはそれなりのスペックがあり動画がサクサク見れる画面がカクカクしないなどの快調な動作をします。

 

一般的なユーザーはそんなにバリバリ使いませんので4万円以上するスマホは要りません。

 

ゲームなどをする場合は6万円ぐらいするスマホ買わないといけないこともありますが、一般的な人はに3万円ので十分だと思います。

 

スマホあんまり使わない人では1万円台のスマホでもいいかもしれません。

 

画面が小さくて機能も少なくてカメラ後低画質のものが多いですが、そういうものを使わないという方もなかにはいれと思いますので、、そのような形は1万円のスマホを販売している格安SIM会社に注文するといいと思います。

 

分割払いはしない

格安SIMの販売しているスマホは分割払いをすることもできます。

 

分割払いは24回払いから2回払いまで様々ありますが、分割払いにすると手数料が取られて案外高くなってしまうことがあります。

 

ですので2、3万の本体を一括で払える場合は間違いなく一括払いにしたほうがに3000円ほど安くなります。

 

キャリアで本体代
毎月返済していく方法に慣れている人には一括で携帯を買うのは高いかもしれませんが、、それの方が手数料考えると安くなりますので、、ぜひ検討してみてください。

 

一括払いを強くお勧めいたします。

 

格安スマホを買う場所格安スマホ買う場所はどこなのでしょうか。

 

まずヨドバシカメラのような実店舗でも買うことができます。

 

格安スマホが安いのはネット

 

格安スマホの相場はいくら?初心者には何万円のがおすすめ?

 

ネットで購入すると新品でも安く購入することが出来ますし目の肥えた人ならオークションなので中古スマホを買うこともできます。

 

中古スマホを買うとキャリアのSIMロック他ののことがよくわかっていないといけませんが、よく分かっている方は2万円台でドコモのスマホを購入することも出来を解くです。

 

現時点で格安スマホ本体を取り扱っている家電量販店は限られています。

 

ヨドバシカメラやビックカメラなどはそれを取り扱っています。

 

しかし取り扱われている本体の種類がネットに比べるとかなり少なくなっていますので、たくさんあるのある中から選べないという初心者の方にお勧めします。

 

しかし実店舗に行くと店員さんからスマホを強く勧められたりauやソフトバンクなどの携帯を勧められたりするなど、正常に正しく比較することができなくなるかもしれませんので、その点は承知しておく必要があります。

 

そして格安スマホの性能とは店頭でちょっと触ったぐらいではわかるものではありません。

 

ネットの口コミといってもなかなか参考になるものありませんし買ってみないとわからないという不安もあります。

 

ですのでスペックを比較するとき、口コミはレビューなどを参考にしそして実店舗で触って確かめてあとは実際に購入してみて使ってみるしかありません。

 

特にタップしにくいなどのトラブルは使い込んで1週間から2週間しないと分からないものです。