格安スマホ 音声プラン データプラン

初心者にはの音声プランとデータプランどちらがいいか

音声通話SIMとデータSIMがある

 

格安スマホは音声プランとデータプランどちらがおすすめ?

 

格安SIMには大きく分けて2つの種類があります。

 

それは電話をかけることができて携帯電話の番号を持つことができる音声通話シムと
電話番号を持つことができないデータ通信のみのデータSIMというものがあります。

 

これまでキャリアで使っていたのは全て音声通話シムです。

 

070、080そして090といった電話番号持つことができ電話をすることができます。

 

MNPというのがありますが、MNPはガラケーやスマホの電話番号をそのまま別の機会で使うことができて
電話番号ひき引き継げることから普通に電話番号を使っていてあまりよくわからないと初心者の場合はデータ通信SIMではなく音声通話シムを強くお勧めいたします。

 

データ通信シムでは電話をすることができません。

 

緊急通報することもできません。

 

IP電話やlineなどのアプリを使って電話することしかできません。

 

格安スマホ購入する時に必要なもの意外と皆さんが知らない落とし穴として格安スマホに申し込むには本人名義のクレジットカードと本人確認書類が必要だという点があります。

 

音声プランのときの注意点

シムフリーのスマートフォンを購入するとき別にクレジットカードはなくてもいいのですが、格安SIMを契約して通信を開始するには本人のクレジットカードが必要なります。

 

例えばクレジットカードを持っていればその者簡単に使えばいいのですが、まだクレジットカードを持っていないクレジットカードが怖くて持ったことがないという方はクレジットカードを作らないといけません。

 

その場合は楽天のカードがおすすめです。

 

楽天カードは審査がゆるくほとんどの方が審査に通るといわれています。

 

そして主婦や学生でも持つことができるますので、そのような形も格安スマホを使うために楽天カードを開設するといいと思います。

 

しかし子供や学生18歳未満の方はクレジットカードを持つことができませんし、そうなると格安スマホ契約できそうにありませんが、親回線をシェアすることによって格安SIMを使うことができますので、親が契約者になれば子どもも格安SIMを持つことができます。

 

クレジットカードをがないと格安SIMはほとんど調べなくなると思っていいでしょう。

 

前はOCNが口座引き落としで対応していましたが、現在ではそれもなくなっています。

 

音声SIMにはクレジットカードが必須

格安スマホは音声プランとデータプランどちらがおすすめ?

 

ですのでクレジットカードが必ず必要です。

 

どうしてもクレジットカードを作る作りたくない場合はデビットカードなど後払いのものを使うこともできます。

 

しかし面積は限られてきますので、注意してください。

 

実店舗でクレジットカードを使わないとなるとかなり少なくなりワイモバイルぐらいしかなくなってしまうでしょう。

 

通話できる下を契約する時は本人確認書類が必要携帯電話のような電話ができる格安スマホ導入する場合は本人確認書類が必要です。

 

本人確認書類が必要で免許証や保険証やパスポートなどのものが必要になります。

 

格安スマホの種類によっては必要な書類が異なりますので、各会社の必要な本人確認書類を事前にチェックしてどうしておいてください。

 

また電話できないデータだけのデータSIMというものは本人確認書類が不要な場合が多いです。