初心者 格安SIM データ容量

初心者は格安SIMのデータ容量3GBそれとも1GB?

データ容量を決めるデータ容量は人によって量が違うのですが、あまり面倒くさくて選びたくないという人は3GBを選んでおくといいと思います。

 

ほとんどの人は3GBで足りているそうです。

 

格安スマホの相場

 

そして1GBユープランもあるんですが、それの差は200円程度でほとんど差がなく3倍も使えることから3GBはほとんどいいと思います。

 

そしてデータ容量というのは契約した後でも変更することができますので、たりなかったり大杉たりしたら変更すればいいのです。

オプションはつけるべきか

それ以外のオプションをつけるかどうか端末補償やデータを移行するサービスウイルスバスターやセキュリティプランなど色々なオプションサービスがついてる場合はありますが、これらはほとんどつけなくてもいいと思います。

 

端末保証金

端末保証金は端末を保証してくれるものですが、月額400円から800円ぐらいかかる上にずっと払い続けないといけないのであまり安いと思いません。

 

しかし1年間で何度もスマホを壊しているという人は入っておく方が無難だと思います。

 

特にガラスを割ってしまうという方は6人に1人いるといわれていますからそう今までに行ったことがある方やどこかに落としてきたりするそういう場合は端末保証をつけておく必要があると思います。

 

セキュリティプランというのはウイルスバスターが使えたり迷惑メールをブロックしたりすることができますが、300円から500円程度費用がかかり子供のスマホどうにかして制限したいとかいう場合だけ使ったらいいと思います。

 

シムカードの大きさ

格安SIMのカードの大きさを間違わないしましょう。

 

大きさを間違えると変換アダプターを使ったりカッターで小さくしたりする必要が出てきますか
これはスマートフォン本体を炒めるに取り出せなくなったりするなどトラブルが起きることがあるので危険です。

 

ですので、nanoSIMかmicroSIMかというさは必ずちゃんと見ておきましょう。

 

申し込みでから届くまでの日数

格安スマホの相場

 

格安SIMは申し込んでから3日から5日で届きます。

 

スマートフォンは家にあると思いますので、SIMカードを挿入してセットしてスマホが使えるようになります。

 

スマホをセットで購入した場合はほとんどが設定済みでSIMカードを入れなくて済むようになっていますので、そのまま使えるようになります。

 

MNPの場合は回線の切り替え手続きが必要です。

 

回線切り替えの手続き方法などはパンフレットなどが入っているのでそれを見て行なってください。

 

普通の人では簡単に出来ると思います。

 

新規で契約している場合は回線の切り替えを不要になります。