格安SIM 選び方 電話料金 節約

5分間かけ放題と半額通話アプリで格安SIMの電話を安くする

 

格安スマホをセットで契約するより格安SIMだけ契約した方が安い

 

格安SIMの選び方−格安スマホの電話料金を節約する方法

 

格安SIMを出来るだけ安くしたいと思ったら格安スマホを買うより格安SIMだけを契約した方が安くなります。

 

確かに大手キャリアと比べると格安スマホ体がとても安いのですが、格安スマホでもとことん節約したいと思ったらセットでないほうがいいのです。

 

それよりは自分でシムフリースマホでドコモのスマホを購入したり白ロムを購入したりして格安SIM回線だけを契約した方が安いです。

 

格安スマホというのは格安スマートフォンと格安SIMをセットにして販売されていますが、ほとんどの場合は定価で購入する必要があります。

 

つまり格安スマホの場合月額の分割払いは少ないけれど本体代としてに3万円が取られているからです。

 

ですのでそんなに最新機種に興味がないという方の場合は何ヶ月か経って安くなっているスマホを買った方がいいのですが、格安SIM会社ではそのようなスマホ送っておらず最新機種だけを取り扱っているのでなるべくそのような型落ち品を買った方が安くなるのです。

 

例外としては楽天モバイルとニフモがあります。

 

楽天モバイルと2分後は格安スマホをセットで購入することでかなり本体代が安くなりますので、そのままセットで購入しても大丈夫です。

 

それよりかは家電販売店より安くなることもありますので、楽天に限ってはセット販売もいいと思います。

 

自分の好きなプランを選びたい色々な格安スマホがありますかプランが少ないのがメリットです。

 

シムだけを契約すればもっと安くそして自分の量に応じたスマホが選べます。

 

気に入った格安SIMがあっても好みのスマホが取り扱われていないこともよくありますし、スマホは気に入ったけれど格安SIMの回線が気に入らないということがあったりしてなかなか選べる種類が少ないのが実情です。

 

そこで必要なのはシムフリースマートフォンです。

 

シムフリースマホというのはシムロックがかかっていないスマートフォンのことでauやソフトバンクドコモのどこの回線の格安SIMでも使うことができる便利な格安SIMです。

 

なぜ多くの人が自分に最適なプランを選べないのか

実は使えないぐらいスペックが低い格安スマホを販売している所もあります。

 

月額料金が安いのはいいのですが、ちゃんと使えないようなスマホを扱っているところもあるのです。

 

しかも回線速度まで遅くてどうしようもないこともあります。

 

一番激安のものを購入したら回線がすごく遅くてスマホもかなり遅くて値段は安いといったことにもなりそれではいくらスマートフォンが安くてもスマートフォン持ってる価値がなくなってしまいます。

 

ですので月額料金の安で選ぶと失敗します。

 

格安スマホの月額料はスマホ代金の分割購入金と格安SIMの月額料金のセットで表示されていますか分割代の費用だけを目にして性能を無視してしまうと大変なことになります。

 

それ以外にも1年目だけ料金が安くて2年目から大幅に料金が上がったりサービス内容が悪くなったりするなどそういうおな悪徳な業者もなくはありません。

 

ですのでただただ安いもの選べばいいというわけでありません。

 

それではどうすればいいのかというとやすさと本体のスペックそして2年後3年後のどのぐらいのサービスが提供されているかとこういうところまで見ていく必要があります。

 

格安スマホの組み合わせは500を超える

格安SIMの選び方−格安スマホの電話料金を節約する方法

 

格安スマホの組み合わせは約500を超えるといわれています。

 

単純に回線速度と格安SIMとして使うことができるスマートフォンの数を計算すると1000以上にもなるといわれています。

 

というのは格安SIMの会社は20種類以上あってスマートフォンは10種類以上あってそして回線速度など選べるコースが4種類以上あるのでそれで1000種類以上あるともいわれるからです。

 

ですのでベストな格安スマホを選ぶには以下のようなところを見ていく必要があります。

 

ドコモやauソフトバンクなどのキャリア回線を使っている場合は電話番号持っていると思います。

 

そうすると必ず必要になってくるのがMNPです。

 

nnpというのは今使っている電話番号を同じように使い続けるためのサービスで格安SIMに乗り換えた時もこの電話番号を使いたい場合はMNPをする必要があります。

 

ガラケーの方も同じです。

 

ガラケーの使っている電話番号格安SIMで使いたいと思ったらMNPをしないといけません。

 

また格安SIMから格安SIMに乗り換えるという人も最近では出てくると思いますが、その場合もMNPすることで電話番号をずっと使い続けることができます。

 

ドコモのMNPの仕方

格安SIMの選び方−格安スマホの電話料金を節約する方法

 

ドコモからのMNPの仕方について紹介したいと思います。

 

まずざっくりとした流れとしてはドコモのポイントを全て使えます。

 

そしてスマートフォンがドコモ製のものであればできればシムロックを解除します。

 

ただしドコモ回線を契約する場合であればシムロックの解除は必要ないので何もしなくて構いません。

 

そしてMNPの予約番号をもらってそして格安SIMを登録します。

 

そして格安SIMが届くと本人確認をしたりクレジットカードを登録したりして開通手続きをします。

 

開通手続きをすると今まで使っていた回線が使えなくなって格安SIMが使えるようになります。

 

ガラケーやスマートフォンを使っている方は届いた格安SIMをスマートフォンにセットします。

 

ここでなんだかんだと設定がありますが、23分で済むと思います。

 

このような手続きを済ませると2時間ほどで手続きが終わってスマホが使えるようになります。

 

今まで使っていた電話番号が必要ない場合は今まで使っていた電話番号が必要ない場合はMNPをしなければいいのです。

 

MNP転出料には2000円から3000円の費用がかかりますが、これを無料にすることができます。

 

忠電話番号が新しくなってしまい、これまで電話をかけていた人に全部新しい電話番号を登録されて来ないのでちょっと面倒です。

 

違約金がかかることもあるドコモやauの場合2年ごとの更新でないと違約金がかかります。

 

約金というのは9000円程度かかるのが普通です。

 

ドコモ購入して1.55年目ぐらいの時あれば9000円の手数料がかかります。

 

ですので、ちょっと痛い出費になりますが、これから格安SIMで安くなる事を思えばそれほど高いと思いません。

 

きちを変更するかどうか機種変更するかどうかは悩みどころです。

 

これまで使っていたスマートフォンがあまりにも古くてこれから先使い続けるにはあまり性能が良くない場合は格安SIM会社で新しいスマートフォンを買った方がいいかもしれません。

 

それ街に自分でスマートフォンが調達できるという方はヤフーオークションで白ロムを購入したり白ロムを専門に販売している所から白ロムを取り寄せてもいいと思います。

 

機種変更する場合はiPhoneの時に特に注意が必要です。

 

ドコモのスマートフォンの場合はシムロックを解除しなくてもドコモ系の格安SIMならどこでも使うことができます。

 

iPhoneの場合はシムロックを解除すればauの電波でも格安SIMを運用することができますので、iPhoneを持っている方はこちらも見てください。

 

ドコモ長く使っている方はドコモポイントがたくさん溜まっていると思います。

 

ドコモポイントというのはいろんな家電などに取り替えることができるので1000以上ある人は取り替えた方がいいと思います。

 

それ以外にtポイントカードを使ってコンビニで使うという方法もあります。

 

ディーポイントカードというのはローソンやマクドナルドでドコモのポイントが使える県のことで全国のドコモショップなどで無料でもらうことができます。

 

ドコモから格安SIMに移ってしまうとこれができなくなるので先に行っておいた方がいいです。

 

シムロックの解除必要か不要か

ブロックの解除というのはドコモのスマホをauで使う場合などに解除しないといけないものですが、ドコモの格安SIMに乗り換えるならわざわざシムロックの解除はしなくてもいいです。

 

ドコモのスマートフォンは半年から経過するとシムロックの解除ができるようになっています。

 

ドコモのスマホを持っている場合ほとんどそのまま格安SIMとして使うことができますので、新しいスマホをわざわざ購入する必要はありません。

 

新しいスマホを使わなくていいということはアプリのデータはこれまでのいろいろな設定がそのまま引き継ぎてとても便利です。

 

ドコモの格安新はとても多いですからドコモの形はとてもラッキーです。

 

テザリングの注意点ドコモのスマートフォンを格安SIMで使う場合テザリングができなくなります。

 

テザリングが必要な場合は格安スマホ会社で格安スマホを購入するかシムフリーの機種を買った方がいいです。

 

ドコモのスマートフォンはドコモ系の格安SIMで使うことができます。

 

受信が悪くなるのでauでは使うことができません。

 

しかしiPhoneの場合は全てのキャリアの電波に対応しているのでSIMロックを解除すればどこのメーカーでも使うことができるようになります。

 

SIMカードの大きさ

格安SIMの選び方−格安スマホの電話料金を節約する方法

 

そして意外と間違えるのはSIMカードの大きさです。

 

SIMカードは標準的な大きさのものとmicroSIMとnanoSIMという3種類がありますかmicroSIMにnanoSIMは入りません。

 

普通の大きさのシムにはnanoSIMは小さすぎます。

 

ですので、どのSIMカードを取り寄せるかはきちんと対応しているSIMカードの大きさを見てからにしてください。

 

ドコモのスマホを格安SIMにするときのデメリット格安SIMにする時に気をつけないといけないことはこれまでのメールが使えなくなるということです。

 

これまでドコモのメールを使っていたかたはgmailやyahooメールなどのようなフリーのメールを開設する必要があります。

 

これまでのメールは使えなくなります。

 

使えなくなる前に家族や友人などに変更したということを伝えておかないといけません。

 

そして注意点はgmailから送るとガラケーユーザーがブロックしてしまうかもしれないということです。

 

ですので、ガラケーユーザーからメールアドレスはブロックされないようにあらかじめセーフリストに入れてもらうなどする必要があります。

 

そして申し込み時には本人名義のクレジットカードが必要です。

 

クレジットカードがないという方はクレジットカードを作らないといけません。

 

他人の名義のでも駄目です。

 

必ず自分の名義のものを開設するようにして下さい。

 

そして本人確認が必要です。

 

本人確認というのはパスポート8免許証や保険証などなんでもいいですが、一つ用意しておく必要があります。

 

そして格安SIMが配達される時に宅急便の人にその本人確認書類を見せたりまたアップロードして格安SIMの契約時に本人確認書類を提示することもありますが、どちらを選んでもokです。

 

そして本人確認証の住所と格安SIMで申し込む時の住所は同じようにしておく必要があるので違う形はそれを治しておかないといけません。

 

MNPする場合は稀に1日ぐらい電話やネットが使えなくなることがあります。

 

ほとんどの場合は大丈夫なのですが、万一のことを考えてお伝えしておきます。

 

というのは今ではトーンモバイルだけだといわれています。

 

ですので、他の格安SIM会社ではほとんどそういうことありませんので、ごご心配ないと思っていいでしょう。

 

格安SIMを注文したら配達されるまで3日から4日かかります。

 

きゅうしょや北海道の遠い地域に住んでる方はそれ以上かかるかもしれませんが、概ねさん4日で届きます。

 

トーンモバイルは使うことができませんが、それ以外の格安SIMでは格安SIMカードが届くまでの時間前のスマホを使うことができますので、困ることはありません。

 

問題になるのは切り替え時期日間です。

 

1時間だけ使えない時間が出る可能性があります。

 

格安SIMカードを設定する格安今設定しないと使うことができません。

 

最初に行うのは回線の切り替え手続きです。

 

これは開通手続きともいわれていて前の回線から格安SIMの回線に乗り換える時にしないといけません。

 

トーンモバイル以外の格安SIMは全て回線切り替えを自動で行うようになっています。

 

ですので、届いた時に自分で行うことができます。

 

これのメリットはあまり開通するまでの時間がかからないことです。

 

普通時間とも呼ばれていますが、以前はかなりの格安SIMが普通時間があったのですが、最近では頭モバイルだけが何日かかかるだけになっています。

 

回線の切り替え手続きしたらいよいよ格安SIMをスマートフォンに入れる時になります。

 

ドコモのスマートフォンを使っている方はSIMカードがどこに入ってるのかどうやって入れたらいいのかわからないという方もいるかもしれませんが、ネットでググればすぐにわかります。

 

切り替えまでに数分しかかからないと思います。

 

回線の切り替え手続きをするとドコモの契約は終了になります。

 

ですので、ドコモに申し出たりする必要はありません。

 

しかし新しい電話番号をもらった場合はこの話は別です。

 

ドコモで解約手続きが必要です。

 

ドコモショップに行く必要があります。

 

格安を選ぶときはドコモかauかを主に選ぶことになると思います。

 

ドコモは対応しているスマートフォンがとても多いので多くの方が選ぶと思います。

 

 

auの場合は対応しているスマートフォンが少ないですが、ドコモ回線よりユーザー数が少なくて速いというメリットがあるので格安スマホにしても回線速度を落としたくないという方はau系を選ぶ方がいいと思います。

 

au系の格安SIM

格安SIMの選び方−格安スマホの電話料金を節約する方法

 

au系の格安SIMというのはUQモバイルなどです。

 

選べるプランやスマホがとても少ないですが、速度が非常に早いです。

 

ドコモのスマートフォン持ってる場合ドコモのスマートフォン持っていうなら話は早いです。

 

そのまま格安SIMに乗り換えてしまいましょう。

 

格安SIMの場合もシムロックということは問題になるんですが、ドコモの間であればそれは問題ありませんので、そのまま使うことができます。

 

ですので、2万も3万も出して新しいスマートフォン買う必要がありません。

 

正しいテザリングが必要な場合は新しいスマホに変える必要があります。

 

auのスマホ持ってる場合はau系の格安SIM乗り換えたらいいのではないでしょうか。

 

プランが少ないですが、速度はどこもより早いですので、これまでの速度と体感辛さはなくストレスがたまらないと思います。

 

しかしauの場合はau回線の場合ほとんど使えるというわけではなく一部使えないものもあるので注意が必要です。

 

そしてシムロックを解除できるタイプのものやソフトバンクのスマートフォンの場合はシムロックを解除した後にドコモ回線で使うこともできます。

 

しかしソフトバンクのスマホの場合はほとんどまともに使えません。

 

一部のシムロックを解除できるiPhoneなどは出来るのですが、それ以外のものは諦めて新しいものを買う必要があります。